葉酸は胎児や妊婦にとっては非常に重要な栄養素

妊娠と葉酸
葉酸は母親のお腹の中にいる胎児の成長には欠かす事の出来ない栄養素で、特に胎児の臓器形成には欠かせません。

又、それ以外にも母体の貧血予防や心臓病予防、動脈硬化予防等の働きを持っており、胎児のみならず母体にとっても非常に大切な栄養素です。

この葉酸は厚生労働省でもその摂取量を推奨しており、現在妊婦や妊娠を計画している段階から1日に400μグラム程度の摂取が望ましいとしております。その為、この葉酸を効率よく摂取する為に、様々なサプリメントが販売されておりその利用者も多くなっております。

現在、この葉酸サプリは大きく3つの種類に分類されております。妊活向け、妊娠向け、栄養補給向けとなっており、先ほどの400μgの摂取が推奨されているのは妊活向け及び妊娠向けです。

一方、栄養補給向けのサプリの場合には製品の品質のバラつきや食品添加物の配合されている物もあるので妊娠初期の胎児にとっては良くない物がありますので注意が必要になります。

次に葉酸サプリの成分についてですが、基本的には全ての葉酸サプリがレモンや酵母等から抽出しており、その成分が身体に吸収されやすいように合成されております。

又、サプリメントにはこの葉酸に加え、たんぱく質やビタミンB12、ミネラル、鉄分、カルシウムなどを非常にバランス良く配合して作られております。

又、最近では特に妊娠向けサプリにDHAやEPAと言った不飽和脂肪酸等を配合した物もあり、出産後の乳児の生育や視覚発達にもその効果があるとの報告も有り大変に注目されております。

この様に妊娠前から妊娠出産後まで幅広くその重要性が認めらつつある葉酸サプリですが、その得られる効果等によって価格帯が多少ばらつきます。現在の日本で人気の高い葉酸サプリでも一般小売価格は4000円前後となっております。

サプリメントはご自身の身体に合う物が最も望ましい為、単に価格の比較だけではその良し悪しは決められません。特にお腹の中にいる赤ちゃんに対してしっかりとした働きをしてくれる物を選ぶ事が大変重要です。

是非妊活中の方も妊娠中の方も、又栄養補給を希望されている方も、サプリメントに配合されている成分を確認した上で利用する様にしましょう。