現金化の仕組みを理解して優良業者を確実に見分ける方法

現金化の仕組み
クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠の2種類がありますが、ショッピング枠の金利設定が数%に対してキャッシング枠は18%近くに設定されていることが多いです。

ショッピング枠を使った買い物により現金化出来れば、返済期間が長いほど換金時の手数料が必要となっても返済総額が減らせます。

クレジットカードの現金化を行なう理由には、返済総額を減らす目的とキャッシング枠を使い切っていてすぐに現金が必要な場合の2種類があると知った上で利用すると良いでしょう。

現金化業者のホームページを確認すると、古物商営業許可番号が掲載されていることがあります。

現金化業者の換金手法には、販売した商品をすぐに買い取ることで現金化する買い取り方式と、商品売買契約が成立した特典として現金キャッシュバック還元を行なうキャッシュバック方式の2種類があります。

キャッシュバック方式ならば、現金化業者との間には売買契約のみが発生することになるので、金額に応じた指定商品をクレジットカード決済して、商品到着と現金振込の両方を待てば良いだけです。

届いた商品は、カード会社に対して代金完済まで保管しておけば、その後は捨ててしまっても問題ありません。

一方、買い取り方式の場合には、古物商営業許可番号が都道府県の公安委員会にしっかりと事業者名と番号が一致していることを確認する必要があります。なぜなら、古物商営業許可番号を取得して正規の営業を行っているならば、個人情報保護がしっかりしているからです。

掲載情報にズレが発生している現金化業者は、本人確認書類として提示した個人情報の使用用途と保管状況が怪しいので、取引を避けることが望ましいでしょう。

買い取り方式では、贈答用に購入して直接第三者であるプレゼント先へ送付出来るamazonギフトカードEメールタイプといったもの以外は、所有権が代金完済までカード会社にあるので転売が本来出来ません。

所有権移転問題を理解した上で、安全な買い取り方法を行っている現金化業者を探してから利用しなければ、クレジットカード利用停止措置がされてしまうリスクを負うことになります。

現金化業者のホームページを確認して、時間的に余裕があるならば、一度電話連絡をしてみると良いです。なぜなら、しっかりした電話対応が出来る現金化業者ならば、管理面がしっかりしているので、後でトラブルに巻き込まれる確率を減らせるからです。

電話連絡を行った際に、横柄な対応だったり、誤魔化す表現をする担当者だったならば、リスク回避のために利用予定リストから外しておくことが望ましいでしょう。

ショッピング枠現金化 即日はコチラ